ふくらはぎ・太ももに即効!シンプルに足を細くする方法【まとめ】


EMSの効果・やり方について



「部分痩せは難しい」と昔からよく言われていきました。でも、それはもう過去の話。今、部分痩せにすごく使えるマシンが登場しているのです。それが「EMSマシン」です。聞いたことはあるけど実際にどういうマシンなのかまではわからない方が多いでしょうし、そもそも聞いたことすらないという方もいるはずです。EMSはダイエット業界に革命をもたらしたマシンでもあるので、これを機会にその素晴らしさを知っておいたほうがいいですよ!






EMSとは何?



EMS



EMSとは、正式名称がElectrical Muscle Stimulationで、その頭文字をとってEMS(イーエムエス)と呼ばれています。エレクトリカル、つまり、電流を使って筋肉を鍛えるのがEMSの最大の特徴です。電流を使うというと少し怖い感じがするかもしれませんが、EMSは人にとって安全なレベルの電流しか流れないので、不安に感じるようなことはありません。市販でも購入できたりするものなので、一般家庭でも安心して使うことができます。接骨院などでも治療の際に使われたりすることがありますので、知らずうちに経験したことがある方もいるかもしれません。それぐらい身近なものになってきているのです。EMSは1960年代に開発されたもので、その歴史は想像しているよりも長いのです。






EMSのダイエット効果とは?



EMSは、電流によって筋肉を動かすことで筋肉を鍛えることができます。つまり、使う側は意識をせずに筋肉を鍛えることができるのです。これが最大のメリットです。筋肉を鍛えるには筋トレをするしかない、と思っている方は多いですが、電流を流すことで筋肉が勝手に収縮運動をしてくれるので、筋トレみたいな激しい運動をしなくても筋肉量を増やすことができます。何もしなくても筋肉を鍛えられる、と言っても過言ではないのです。



筋トレ



筋肉量が増えることによって、脂肪を燃焼させるパワーが高くなりますので、代謝の高い体を手に入れることができます。太ももやふくらはぎは脂肪が多いので、脂肪の燃焼が促せるEMSマシンとの相性はバッチリです。また、歳を重ねると、筋トレをしたくても怪我の心配があってできなかったりしますが、EMSなら怪我の心配もないので安心です。下半身の筋トレは上半身の筋トレよりもキツイので、体力に自信のない方にもおすすめできます。






EMSマシンの効果的な使い方



EMSにも効果的な使い方があることを知っていましたか?EMSは特に大きな筋肉を鍛えるのに効果的だと言われています。下半身でいえば、お尻・太ももを鍛えるのにすごく効果的だということです。太ももを鍛えるときはお尻と一緒に鍛えてあげるようにするといいです。もちろん、ふくらはぎも筋肉は多い部分なのでふくらはぎにも使ってあげてください。ただ、膝まわりに使うのにはあまり向いていません。EMSはパッドを貼ってそこで電流を流すというものが多いで、パッドを貼る面が平らでないとなかなか上手に張り付いてくれないからです。



EMSはふくらはぎや太もも、お尻など大きな筋肉に効果的



また、筋肉の性質についても少し理解しておきましょう。筋肉は使ってあげて回復するときに増えるものだと言われているので、筋肉痛のときは休ませてたほうがいいです。週に4〜5回ぐらいのペースで行なってあげるようにするといいでしょう。筋肉痛が来なければ毎日行ってもいいでしょう。