ふくらはぎ・太ももに即効!シンプルに足を細くする方法【まとめ】


シェイプアップパンツの効果・選び方について



足を細くしたいと強く望むのは、あなたが足が太くなるまで放置していたのが原因です。何が言いたいのかというと、意識して足を使ってあげないと足は太くなってしまいますよ、ということです。かといって、常に動かすことなんてまず無理ですよね。プロのアスリートだって全く体を使わない日もあるぐらいですからね。事務仕事が中心だったりすると、ほとんどの間、足の筋肉を使わないことになります。そういう時間をいかにして有効的に使うのかが足を細くするためのポイントになってきます。普段、意識していない時に無意識にでも使うなんてことはできるのでしょうか?できるのです!シェイプアップパンツがあれば、の話ですが。シェイプアップパンツというと少し難しく聞こえるかもしれませんが、簡単にいえば「着るだけで痩せる下着」のことですね。着るだけで痩せるというと言い過ぎな感じもしますが、補正力の高い下着を常に着用すれば、無意識に体型をキープすることができるので足が太くなるのも防ぐことができます。






どういうシェイプアップパンツを選べばいいの?



シェイプアップにも色々な種類があります。どれでもいいわけではないのがちょっと厄介なところであり、選び甲斐があるところでもあります。残念ながら、着るだけで系の下着は粗悪なものが多いので、ちゃんと選ばないと全く変化を実感できなかったりします。シェイプアップパンツを選ぶときのポイントは3つあります。





生地にこだわっているかどうか



シェイプアップパンツ(補正下着)の選び方:生地が厚いもの



まずポイントになるのは生地です。具体的に言うと、生地の厚さをチェックしてもらいたいのです。生地の厚さは『デニール』という単位で表されます。デニールは、普通のタイツだと60〜120ぐらいですが、これでは補正下着としてはほとんど機能しません。できるだけ厚いほうが補正力が高いと判断できます。最低でも300デニール、理想としては500デニール前後は求めたいところです。





多方向からの引き締めができるかどうか



シェイプアップパンツ(補正下着)の選び方:立体裁断されているもの



安価なシェイプアップパンツの構造を見てみると、作りも非常に単純なものが多いです。たとえデニールが厚くても、作りが単純であれば、引き締め力は高いとはいえません。引き締め力の高いものは、横・縦・斜めから立体的に裁断されています。横+縦+斜めの立体裁断されているものだと多方向から引き締めることができるので、かなり引き締め効果が高いと判断できます。





着心地がいいかどうか



シェイプアップパンツ(補正下着)の選び方:長時間の着用が苦にならないもの



着るだけで・・というぐらいなので補正力の高いものを求めるのは当然ですが、補正力の高い下着ほど着心地が悪くなってしまうもの。特に「蒸れやすい」という声が多いので、商品の特徴のほか、口コミ等から着心地の良さもチェックしてあげるようにしましょう。1日10時間ぐらい着用することになるので、着心地の良さはすごく大事な要素になります。長時間着用しても苦にならないか、動きやすいか、などをチェックしてみましょう。






3つのポイントを押さえた商品は本当にある?



Vアップシェイプリフト,ヒロミ



生地にこだわっている、多方向からの引き締めができる、着心地がいい、その3つのポイントを押さえているのが「Vアップシェイプリフト」という補正下着です。タレントや実業家としても活躍中のヒロミさんが開発した補正下着が3つのポイントをしっかりと押さえているのです。ただ、高品質なこともあって決して安いものではありません。購入の際には口コミなどをしっかりとチェックしてから、自分の悩みをちゃんと解消してくれそうか確認してからご購入してください。Vアップシェイプリフトはどちらかというとお腹〜太ももにかけて引き締めに効果的で、ふくらはぎまではアプローチすることができません。