ふくらはぎ・太ももに即効!シンプルに足を細くする方法【まとめ】


半身浴の効果・やり方について



「部分痩せは難しい」ということがよく言われます。例えば、二の腕なんかを例にとると、二の腕って普段の生活であんまり使わないので、細くするのは難しいといえるかもしれませんね。でも、ふくらはぎや太ももって歩行の時に使う筋肉で、もともとそんなに痩せるのが難しい部分ではないのです。脂肪太りの場合は、有酸素運動や無酸素運動(スクワットがおすすめ)を組み合わせることで効率良く痩せさせることができます。むくみ太りの場合にはもっと色々なダイエット方法があります。その中のひとつとしてぜひご紹介したいのが「半身浴」です。半身浴は普通の入浴に比べるとコストがかからないのがメリットですし、普通に入浴するよりも断然ダイエットに使えるので、これを機会に痩せる半身浴のやり方を覚えてみてください。






半身浴のダイエット効果とは?



お風呂で半身浴



半身浴が普通の入浴と決定的に違うのは、水温をぬるめに設定するので、長時間、お湯に浸れるところにあります。長く入浴できるため、発汗作用を高めることができ、普段あまり汗をかけないような代謝の低い方でも汗をかくことができます。汗をかくようになるということは体中の血液の流れが良くなるということで、余分な水分や老廃物が排除されやすくなるので、むくみを解消させてあげることができます。継続的に行えば、体の冷えをとったり、体の代謝機能を高めることもできるので、お時間のあるときは積極的にやってあげたほうがいいです。季節に関係なくおすすめできます。






効果的な半身浴のやり方まとめ



半身浴はとても簡単ですが、より効果的に行なうためには、ある程度の工夫が必要になります。ただ単にぬるいお湯に浸かっているだけではあまり意味がないということですね。半身浴の効果をより高めるためのポイントをまとめてみました。すべてできなくてもいいですが、できるものはやってみましょう。



  • 水温は38〜40度の比較的ぬるめのお湯に設定する
  • 入浴時間は最低でも20分、30〜40分が理想的
  • お湯はおへそのやや上あたりまで溜める
  • お風呂の前にストレッチやマッサージをして血流を促す
  • 発汗作用を高めるような燃焼系の入浴剤を入れる
  • 消化の邪魔をしないように食後の入浴は避ける
  • 音楽を聴きながら行なうとリラックス効果がアップ


※注意点

半身浴は水分補給をしながら行いましょう



冬場、浸かり始めは上半身が寒いのでロンTなどを着用して、暑くなったら脱ぐようにするといいです。冷えは代謝機能を低下させますので注意しましょう。また、発汗作用を高めることができるので、汗をたくさんかくと喉が乾いてきます。軽度の脱水症状に陥る可能性があるので、半身浴をするときは水分補給をしながら行いましょう。水分補給をするとより汗もかきやすくなります。






半身浴+リンパマッサージが最強



このサイトでも、足のむくみに「リンパマッサージ」がすごくいいことを詳しく紹介しています。血行が悪くなってしまうとどうしてもむくみができやすく、脂肪も溜まりやすくなってしまうので、半身浴という体が温まっている状態でこそ、リンパマッサージをやってもらいたいのです。体が温まっている状態のほうが血行がよくなりやすいので、半身浴とリンパマッサージを組み合わせるのはすごく効果的です。足のむくみはアキレス腱から膝の裏、膝周り、そして鼠径部をマッサージしてあげるといいです。アキレス腱から膝の裏にかけては両手の親指の腹を使って、膝周りは両手全部の指の腹を使って指圧するようにマッサージしてみましょう。鼠径部は2〜3本の指を使ってさするようにマッサージしてあげるのが効果的です。